朝丘雪路の認知症写真は?息子や娘の現在は?父親と若い頃を調査!

スポンサーリンク


こんにちは、話太郎です。

突然ニュースが入ってきました。

ここ数年、テレビでの姿を見なくなった

なぁと思っていた女優の朝丘雪路さんが

お亡くなりになったとのこと。

なんでもアルツハイマー型認知症

いうことで介護を受けていた

ようです。

 

今回はそんな朝丘雪路さんに

ついて話題になっていた

・朝丘雪路の認知症写真は?
・息子や娘の現在は?
・父親と若い頃を調査!

について調べていきたいと思います。

それでは今日もいってみましょう!!!

朝丘雪路さんのプロフィール

名前:朝丘雪路(あさおか ゆきじ)

本名:加藤雪会(かとう ゆきえ)

別名義:深水美智雪(しんすい みちゆき)

生年月日:1935年7月23日

年齢:82歳

出身地:東京都中央区

元宝塚歌劇団月組に入団し

娘役で活躍。退団後は歌手や女優と

マルチに活躍してました。

1960年代に出演していた

「11Pm」で大橋巨泉さんに

朝丘雪路さんの胸が大きかったため

「ボイン」と呼ばれ流行語に

なっています。

 

 

朝丘雪路の認知症写真は?

ネットでは朝丘雪路さんの認知症写真が

話題になっていますが、探しても

見つかりませんね。

 

だいたいそんな写真を投稿するわけ

ないですよね。

まぁ、朝丘雪路さんのように

きれいな方が認知症になった

写真をみたい方が結構いたみたいです。

どれだけ人気だったのでしょうね。

 


スポンサーリンク


息子や娘の現在は?

朝丘雪路さんさんは、1967年に

青森県の内科医師と結婚してます。

その時に息子を授かっています。

翌年に破局してます。

朝丘雪路さんはお嬢さん育ち

だったので料理・家事が全然

出来なかったようです。

 

息子さんの方は、旦那さんが

引き取って暮らしています。

開業医ならば、今頃後を継いで

お医者さんになっているのでは

ないでしょうかね。

 

津川雅彦さんとは1973年に

結婚してます。1974年に娘が

生まれています。

真由子さんとして芸能界で

活躍してますね。

 

朝丘雪路さんが認知症になってからは

付きっきりで介護をしていたそうです。

 

父親と若い頃を調査!

朝丘雪路さんはお嬢さま育ちと

いいましたが、父親が有名な日本画家でした。

歌川歯浮世絵の正統を継いでいて

日本が独特の柔らかな表現をした

美人画が有名ですね。

名前は 伊藤深水(いとう しんすい)さんで

1898年2月4日生まれで1972年5月8日に

74歳でガンで亡くなられています。

 

朝丘雪路さんは、料亭の「勝田」の

女将の勝田麻希子さんとの間に生まれた

非嫡出子です。

父親が溺愛していたので

お姫さまのような扱いを

受けてたようです。

小学校にも人力車で通い

お金も1万円札しかしらない。

小銭をお金とは知らなかったみたいです。

 

ちょっとしたエピソードが

ありまして、自動販売機の前に

立って朝丘ですと言って

飲み物がでるのを待っているとか

駅の切符の自動販売機に

行先を言って待っている。

ということがよくあったそうです。

 

まとめ

今回は朝丘雪路さんについて

調べてみました。

 

82歳でお亡くなりになりましたが

人生をまっとうされたのかな

と思いました。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください