スポンサーリンク


にじさんじはVtuber事務所の中でも大手のほうではないでしょうか?
近年ではNIJISANJI ENという英語圏担当の人も多くなってきました。


今回は英語圏担当の1人、ペトラ・グリンさんの前世や中の人、身長や年齢についてwikiプロフィール風にまとめました。ご覧になってみてくださいね。

ペトラ・グリンは何者!

ペトラ・グリンさんはにじさんじ所属のVtuberです。

引用:https://www.nijisanji.jp/members/petra-gurin?filter=NIJISANJI%20EN
凍てつく海で一人過ごしていたペンギン。荒波の海のように複雑な心と魅力を持つ。(公式サイトから引用)

にじさんじ傘下グループ、NIJISANJI ENに所属しており、「OBSYDIA」のメンバーの1人。セレン・龍月さん、ロゼミ・ラブロックさん、ペトラ・グリンさんの3人で構成しています。

ENメンバーの中では日本語が得意で、日本語のみの配信もあります。


かなり流暢なので、初見の人は日本人と勘違いすることもあるそうです。
日本語能力試験のN1認定を持っており、かなり得意なことが伺えますね!

配信内容は主にゲームが多く、積極的にコラボをしているようです。

現在のチャンネル登録者数は21万人を超えており、国内外で人気があるVtuberですね。(2022年2月時点)

ペトラ・グリンの前世と中の人(声優)

そんなペトラ・グリンさんですが、前世や中の人はいるのでしょうか?

調査の結果、シエラ・ルーニス(りえ)さんではないかと言われていることが分かりました。

シエラ・ルーニス(りえ)とは?


引用:https://twitter.com/cierrarunis
シエラ・ルーニスさんはOverideaのバーチャル受付嬢として2018年6月から活動していました。
2019年12月に卒業。


そしてシエラ・ルーニスさんとして活動している傍らで、りえという名義で活動もしていたようです。

それでは前世と言われている理由をご紹介します。

声が似ている

ペトラ・グリンさんの声↓


シエラ・ルーニスさんの声↓

二人とも声が似ていますね。

話せる言語が同じ

ペトラ・グリンさんは英語、日本語、中国語が話せることが分かっていますが、シエラ・ルーニスさんも同様の言語を取得していたようです。

好きなものが同じ

ペトラ・グリンさんとシエラ・ルーニスさんの好きなものが同じという共通点もありました。

まずはアニメ。
候補は夏目友人帳ちはやふるハイキューなどが挙げられます。
Twitterでおススメをしていたようです。

続いて、歌い手の天月さんが好き、ということも分かりました。

ペトラ・グリンさんの配信では、好きな音楽の欄に天月さんが好きと記載していたのですが、シエラ・ルーニスさんもりえ名義のアカウントで天月さんの愛を語っていました。

以上が前世がシエラ・ルーニス(りえ)さんではないかと言われている理由です。

ペトラ・グリンの顔バレ画像

ペトラ・グリンさんの素顔は公開されていません。


声が可愛らしい感じなので、本人も小柄で可愛らしいのではないでしょうか?
いずれにせよ、顔出しはしなさそうですね。


スポンサーリンク


ペトラ・グリンの年齢・本名や身長などのwikiプロフィール

ペトラ・グリンさんのプロフィール

引用:https://twitter.com/Petra_Gurin
名前:ペトラ・グリン
本名:ペトラ・グリン
年齢:不明
誕生日:12月4日
身長:142cm
所属事務所:にじさんじ

ペトラ・グリンの本名と性別

本名はペトラ・グリンさんでした。
可愛いペンギンの女の子です。

ペトラ・グリンの身長

ペトラ・グリンさんの身長は142cmでした。
かなり小柄ですが、これもペンギンだからなのでしょうか?


小柄ゆえに年齢も勘違いされやすいそうです。

ペトラ・グリンの年齢(誕生日)

ペトラ・グリンさんの誕生日は12月4日でした。
年齢は不明。
12月4日は生まれた日ではなく人間の家族に拾われた日とのこと。
本当の誕生日は不明のようです。

ペトラ・グリンの絵師(イラストレーター)は誰?

ペトラ・グリンさんの絵師(イラストレーター)はももこさんでした。


ももこさんはホロライブ6期生の博衣こより(はくい こより)さんなどのVutuberも手掛けています。


ももこさんの素敵なイラストはTwitterでチェックしてみてくださいね。

まとめ

以上のことから、ペトラ・グリンさんは

・にじさんじ所属のVtuber
・前世はシエラ・ルーニス(りえ)さん
・絵師(イラストレーター)はももこさん

ということが分かりました。

ペトラ・グリンさんの配信はYouTubeで見ることが出来るので、ぜひご覧になってくださいね。

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事