髙田賢三のパートナーは?結婚した嫁(妻)と子供は?年収や破産を調査!

スポンサーリンク


こんにちは!わたろうです。

『KENZO(ケンゾー)』ってブランド名を聞いたことがありますか?世界的に有名なので知ってるかたも多いと思われますね。

そのKENZOの創始者である髙田賢三さんが、デザイン関連のトラブルで韓国企業から告訴されていたみたいです。

なんか、最近韓国は日本の企業を訴えたりするケースが増えているように見えます。

現地に行くとそうでもないのですが、ニュースを見るとなんか日韓関係はよくないように見えますね。

今回は、髙田賢三さんってどんな方なのか、パートナーや結婚した嫁や子供はいるの?年収や破産って何だろうと気になったので、調べていきたいと思います。

それでは今日も行ってみましょう!!!

スポンサーリンク


髙田賢三さんのプロフィール


スポンサーリンク


  • 名  前 : 髙田 賢三(たかだ けんぞう)
  • 生年月日 : 1939年2月27日
  • 年齢   : 79歳(2019年1月現在)
  • 出身地  : 兵庫県姫路市
  • 学  歴 : 神戸市外国語大学中退
  • 最終学歴 : 文化服装学院

髙田賢三の髙は高ではないですね。

経歴はというと

髙田賢三さんは兵庫県姫路市で育っています。

地元の進学校姫路西高校を卒業しています。この姫西高校は偏差値 71という頭のいい学校ですね。

それから、神戸市外国語大学2部英米学科中退し、文化服装学院のデザイン科師範科を卒業。

この文化服装学院のデザイン科9期生には、のちのファッション界を引っ張っていく人材がいまいた。

コシノ・ジュンコさん➡JUNKO KOSHINO

松田光弘➡ニコル

金子功➡ピンクハウス

といった豪華なメンバーが同級生なんて、凄いですね。

学生時代には、新人デザイナーの登竜門といわれている紫苑賞を受賞してます。

1965年には、パリに渡り、1970年にはブティック「ジャングル・ジャップ」をオープン。

雑誌「ELLE」の表紙を飾ったことによって、フランス中に知れ渡るようになり注目されるようになりました。

その後、共同経営者だったフランソワ・ボーフュメ氏と確執やパートナーとの別れなどが重なり、1998年10月のパリコレクションを最後に「KENZO」ブランドを失ってしまいます。

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事