スポンサーリンク


スポンサーリンク


こんにちは!わたろうです。

冬寒くなってきました。夜空を見上げると透き通っていて星がよく見えますね。

12月と言えば、毎年12月4日から12月17日くらいに出現するのが、ふたご座流星群です。

双子座流星群を見る条件がよければ、ピーク時には、1時間で50~60個ぐらいは見れます。

ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と共に3大流星群と呼ばれていますね。

今回は、そんなふたご座流星群2019の時間のピークはいつ?おすすめ場所や方角はどこ?について調べていきたいと思います。

 

それでは今日も行ってみましょう!!!

ふたご座流星群2019の時間のピークは?


ふたご座流星群2019年のピーク(極大)は12月15日の4時頃だと言われています。

朝の4時と言ったら一番寒い時ですね。天気がよいことを祈ってみたいですね。

朝早起きしてみようと思うと寝坊してしまうことがあるので、12月14日の23時からが流星の数がだんだん多くなるので、前日に見た方が見逃さないです。

ピークの時間は、ふつうの方で25~40個の流星が見れます。慣れている方なら100個くらいみれるのではないでしょうか?

観測条件という面では、早朝の真っ暗の中というのはよいのですが、月が明るいと見えにくいです。その月は月齢18という満月をちょっとすぎたばかりなので明るさが心配です。

月対策としては、月の出ている方角の反対側を常に見るようにすれば、月あかりの影響を軽減するようにしましょう。

ふたご座流星群2019の良く見える方角は?


良く見える方角ってどっち???

ところでふたご座ってどこのあるの?

北の空をみると有名なオリオン座がありますが、その隣となりにふたご座があります。

そのふたご座のところをみていれば見えますので、良く見える方角は、北海道でも東京でも大阪でも福岡でも変わらないようです。


スポンサーリンク


 

なので、ふたご座流星群が良く見える方角と場所は、どこでも観測できます。

どこを見てよいかわからに場合は、ふたご座流星群の放射点である双子座の2つの明るい星があるところを見つけられれば大丈夫です。

観測するには、まわりに明るい照明がない田舎や山にいけばきれいにみれるでしょう。


スポンサーリンク


ふたご座流星群の過去の動画


これは、2017年のふたご座流星群の動画です。

満天の星空の中に流星が流れていく様子が神秘的ですね。

動画をみるとついつい見入ってしまいます。

 

当日はこんな流星がわんさか見れますので楽しみですね。

だいたい15日の朝2時ごろがふたご座が天頂近辺にくるので、そこからの降ってくるいわゆる、真上から降ってくるような流れ星をみることができると思います。

まとめ

今回はふたご座流星群2019の時間のピークはいつ?おすすめ場所や方角はどこ?について調べてみました。

見る時間のピークは 12月14日の23時頃から15日の日の出までですね。

場所は、日本全国でみることができます。各地域の見どころスポットがあります。そこがなおよいでしょう。

当日は月齢18日と月も大きくて明るいので、なるだけ月を反対方向をみて、月を見ないようにしましょう。

当日は気温も低そうなので、寒さ対策はしておきましょう。特に早朝は寒さが厳しいので、あったかい飲み物やカイロと厚着して出かけましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


あなたにおすすめ
イベント, 天体の関連記事
  • pちゃんダンサーの顔画像!経歴と現在を調査!きゃりーぱみゅぱみゅが溺愛してる
  • ふたご座流星群2019の時間のピークはいつ?おすすめ場所や方角はどこ?
  • 宇垣美里アナ(アコスタ)コスプレ姿がかわいい!彼氏はいない?
  • 仲邑菫(なかむら すみれ)の両親の経歴がやばい!藤井聡太になるか!
  • 中西雄三(クールスマイル)のwikiプロフと経歴!結婚した嫁(妻)と子供は?
  • 転校生はしまむらクンの作者は誰?しまむらzozotownの漫画が話題!
おすすめの記事