ルーク・テリーは片腕キャッチャー!プレー動画がすごい!【アンビリバボー】

スポンサーリンク


こんにちは!わたろうです。

「奇跡体験アンビリバボー」という番組をよくみるのですが、いつも出演する方をのエピソードをみると感動しますね。

考え方が前向きで、ハンディキャップなんでないように、堂々と生きていますね。

いつも生きる勇気を与えてくれる番組です。

 

今回は、6月27日に放送されるのは、「右手を失ったキャッチャーが起こした奇跡」のエピソードが紹介されます。

 

登場人物はルーク・テリー(Luke Terry)さんです。

今回はそんなルーク・テリーさんの出身高校や経歴、年齢や病気。キャッチャーだけでなくバッティングもすごい。について調べていきたいと思います。

それでは今日もいってみましょう!!!

スポンサーリンク


ルーク・テリーさんのプロフィール

  • 名前:ルーク・テリー(Luke Terry)
  • 生年月日:2003年
  • 年齢:16歳(2019年6月現在)
  • 出身地:アメリカ合衆国テネシー州
  • 在籍高校:コーナーズビル高校

ルーク・テリーさんはアメリカ人で、現在コーナーズビルに通う高校生です。年齢は16歳で野球でキャッチャーをしています。

ルーク・テリーさんが右腕を失った病気は?

ルーク・テリーさんは生まれた時は右腕はありました。

右腕を失ったのは、病気によるものでした。

 

それは、ルーク・テリーさんが1歳7か月の時に、病気名はわからないのですが、大腸菌が原因で感染症を引き落としています。

この感染症によって、病原菌が血液と一緒に流れて体のあっちこっちに感染してしまい、重度な病状になったそうです。

 

1歳7か月での出来事なので、ルーク・テリーさんはまだ体が小さかったので、生死を彷徨う闘病生活をしていたようです。

ものすごく辛い経験をしています。これは本人だけでなく、両親も気がきではなかったのではないでしょうか。

 

この闘病生活の末、ルーク・テリーさんはこの感染症により、右腕を失ってしまいました。


スポンサーリンク


ルーク・テリーさんのプレーや始球式動画

ルーク・テリーさんは幼いころに右腕を失ったため、そのころとハンディと思わずに生活をされています。

スポーツできる年齢になると、野球をすることを希望しています。選んたポジションがなんとキャッチャー!


スポンサーリンク


野球はメジャーリーグでも片腕のピッチャーがいましたが、キャッチャーをするのは珍しいです。

特にキャッチャーは、盗塁を防止しないといけないので、ボールをキャッチすると、すぐに投げ返さないといけません。

この技術はかなり難しいです。

しかし、ルーク・テリーさんはこれができるのです。

いやーすごいです。全然右腕を失ったという感覚がないほど、スムーズにプレーできてます。

このような動画をSNSに挙げると拡散されて、メジャーリーグの始球式にキャッチャーとしてよばれています。

オリオールズVSインディアンズ戦でオリオールズの本拠地の球場です。それがこの動画です。

メジャーリーグのグランドで実際プレーしてます。すごいことですね。夢はメジャーリーガーと言われてますが、ルーク・テリーさんはきっとなれるのではないでしょうか。

ピートグレイ選手やジムアボット選手も隻腕でメジャーリーグで活躍していました。

将来、ルーク・テリーさんはキャッチャーとして名前が並ぶのでしょうか?楽しみですね。

ルーク・テリーさんのバッティングは?

片手でバッターとしては、できるのでしょうか。

実は、バッターとしてもチームで3番を任されているとのこと。結構ハンディがあると思いますが、よくできるなぁと感心します。

 

 

これがバッティング動画です。力強く振れています。

右腕がない分、体幹や足腰をかなり鍛えているのでしょうね。

 

キャッチャーとしての守備も素早い動きでプレーできるから驚きです。

夢のメジャーリーグを目指して頑張ってほしいです。何年か後のドラフト会議で指名されるかな~!ワクワクしますね。

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事