スポンサーリンク


今回は2021年夏の甲子園大会出場を決めた西日本短大付属高校の三宅海斗捕手を紹介します。

 

高校球児の捕手としては、激戦地区の福岡県大会を大嶋柊投手とバッテリーを組んで勝ち進んで夏の甲子園の切符を手にいれましたね。

 

捕手としては強肩で攻守、打線も長打力が魅力的!ということで、

ドラフト候補にも挙がっている選手でもあります。

 

そこでここでは、三宅海斗(西日本短大付)はドラフト候補?出身中学やプロフィールまとめ!

についてまとめましたのでごらんください。

 

三宅海斗(西日本短大付)のwikiプロフィール

昨年はコロナ過のなかで、春夏の甲子園大会が中止になりました。

今年2021年はコロナ過であっても、無事中止にならずに予選を終えることができ、夏の甲子園大会が行われますね。

今回はドラフト候補の上がっている西日本短大付属高校の三宅海斗捕手のwikiプロフィールを紹介します。

プロフィール
名前    三宅海斗(みやけかいと)
生年月日  2003年10月20日
身長    175cm
体重    78kg
出身    大阪府堺市
出身中学  東百舌鳥(ひがしもず)中学校
クラブチーム 堺Bonds Young
好きな食べ物 たこ焼き
嫌いな食べ物 ナス
趣味     寝ること

三宅海斗捕手は大阪府堺市の出身なんですね。

三宅海斗(西日本短大付)の出身中学はどこ?

小学1年生の時にソフトボールを始め、野球は小学3年生から堺西ボーイズではじめました。

小学5年生で中学硬式の堺Bondsヤングから捕手として頑張ってきました。


スポンサーリンク


小学生から中学硬式野球のチームに入っているので、当時から野球がうまかったのですね。

出身中学は自宅の近くの東百舌鳥(ひがしもず)中学校に通っています。

 

通常ならば、地元大阪の大阪桐蔭や履正社などの強豪チームに進学できるのに、福岡の西日本短大付属に進学しています

理由は、三宅海斗選手のお父さんが西日本短大付で夏の甲子園でベスト4入りしていたことから「同じユニホームを着て甲子園に出たい」という思いがあって、進学を決めたとのこと。

 

西日本短大付属は、あの新庄剛志選手の母校です。

偉大な先輩がいますので頑張ってほしいですね。ちなみに新庄剛志選手は決勝で福岡大大濠高校に負けて甲子園に出場していません。

三宅海斗(西日本短大付)はドラフト候補?

捕手の三宅海斗選手ですが、打撃で長打力があるのという点でドラフトに選出される可能性はあるのではないかと思います。

 

捕手としてもピッチャーとのコンビネーションもよく、相手に的を絞らせないような制球で攻めています。

 

バットを持てば、西日本短大付の4番打者として、本塁打や長打を狙える選手であり、期待されています。

これまでの大会でも西日本短大付vs折尾愛真 の試合では、高校通算22号の3ランを放ち、勝利へ導いていますね。

 

甲子園で高校通算本塁打数を伸ばして欲しいですね。

 

手本にしているプロ野球選手は楽天イーグルスの浅村選手とのこと。

まとめ

今回は三宅海斗(西日本短大付)はドラフト候補?出身中学やプロフィールまとめ!について書きました。

 

福岡県代表西日本短大附の捕手三宅海斗選手はドラフト候補になっていますが、打線も長打力があるので選出される可能性はあるのではないかと思います。

甲子園で活躍してドラフトの可能性を上げて欲しいですね。

 

甲子園でも長打や本塁打を打つ姿を見せてくれるのではないかと思います。

 

父親が西日本短大付時代に夏の甲子園でベスト4入りされているので、三宅選手も父と同じベスト4を狙って頑張って欲しいです。できれば優勝も・・・・

 

西日本短大付の甲子園での活躍に注目したいですね!

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事