諸田洋之(静岡県議)のwikiプロフと経歴!会社やマスクについて

スポンサーリンク


世の中コロナウィルス肺炎でマスクが足りないという状況の中、静岡県焼津市選出の諸田ひろゆき県会議員がインターネットオークションにマスクを大量に出品していたというニュースが流れました。

諸田ひろゆき氏は、全国的にマスクの高額転売が問題になっている最中に、そのマスクをオークションで大量に販売していたということで、疑問の声が上がっています。

今回はそんな諸田ひろゆき県議の経歴やwikiプロフィール、所属政党などを調べてみました。

スポンサーリンク


諸田ひろゆき県議のwikiプロフィールと経歴

  • 名前:諸田洋之(もろた ひろゆき)
  • 生年月日:1966年9月15日
  • 出身地:静岡県焼津市
  • 年齢:53歳(2020年3月現在)
  • 血液型:O型
  • 学歴:法政大学大学院
  • 長所:プラス思考(ポジティブ)
  • 短所:短所を短所と思わないこと。

短所を短所と思わないところは、短所をわかっていてそれを思わないってことですよね。あぶねぇ~!

現在は諸田ひろゆき議員のホームページがアクセスが多くてサーバーダウンしているようすですね。

諸田ひろゆき県議の所属政党は

諸田ひろゆき県議は現在は無所属ですが、過去には維新の会に所属して出馬していました。

維新の会に所属していた時の主張は、

  • 憲法改正に賛成
  • 原発再稼働に賛成
  • TPP賛成
  • 女性宮家反対

をしていました。


スポンサーリンク


諸田ひろゆき県議はマスクを出品し炎上

静岡県焼津市選出の諸田ひろゆき県議がインターネットオークションにマスクを大量に出品してことが3月7日に判明して問題になっていますね。

世の中はコロナウィルス感染拡大というニュースの中で、政府の対応が問題視されるなか、静岡県議のマスクネット出品というとんでもない報道!

しかもオークションではマスクの値段が高額っているときの2月半ばころから、医療用マスク2千枚せっとなどを40回以上にわたって出品してとのこと。
1回あたり数万円から数十万円で落札されていたと静岡新聞社が報道していました。

諸田ひろゆき県議は「マスク転売ではない」と主張

諸田洋之県議は取材に対し、「自身がネットオークションに出品していたのは転売品ではないので、問題はない」と主張しています。

「マスクは自分が仕事で仕入れた在庫品だ」と!

諸田洋之県議は、「1円スタートで、落札された価格は相場価格だ」と正当性を主張しています。

しかし、今回このような指摘を受けたことで、現在出品していた入札価格が74万円台になっていた医療用マスク2千枚セット等の出品は取り下げたということです。

諸田ひろゆき県議は会社はどこ?

諸田ひろゆき県議は会社も経営しているようです。


スポンサーリンク


楽天に2店舗出店しているネット販売の会社です。

店舗名

色彩堂 

満点

という店舗ですね

プリンターのインクを売っているお店のようですね。

色彩堂の店舗では、諸田ひろゆきさんの写真もでていますね。

ネットの声を集めてみた


ネットの声はやばいですね。

現在、コロナウィルスの流行でマスクの品切れが状態がつづいています。

たしかに、ビジネスチャンスだとは思いますが、現職の県議という立場を考えるとこういった行動は控えるた方がよかったのではと思います。

逆にマスクをたくさん仕入れたのなら、通常価格で静岡県民に提供すれば知名度が上がったような気がします。

 

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事