中西雄三(クールスマイル)のwikiプロフと経歴!結婚した嫁(妻)と子供は?

スポンサーリンク


こんにちは、話太郎です。

毎日暑い暑い言うのが口癖になっていますね。気温も岐阜県多治見市で40℃を超えたというニュースもありましたね。

そんな中、東京ビッグサイトで7月18日から20日まで開催された「第4回猛暑対策展」が開かれました。そこでの注目されたのは、「バケツエアコンCS703」です。

開発者&販売者はクールスマイル社長の中西雄三氏が話題になっ

ていますね。この中西雄三社長はこれまで「人間エアコン」や「冷える帽子」などを開発しています。

今回はそんな中西雄三(クールスマイル)社長の

・中西雄三(クールスマイル)のwikiプロフ
・中西雄三さんの経歴!
・結婚した嫁(妻)と子供は?

について調べていきたいと思います。

それでは今日もいってみましょう!!!

中西雄三(クールスマイル)のwikiプロフ

  • 名前:中西雄三(なかにし ゆうぞう)
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:大阪市

中西雄三さんの経歴!

中西雄三社長は、王将の餃子と焼きめしが大好きとのこと。大阪王将で育ったのですかね。

小さい頃からものづくりが大好きだったとのこと。

中学時代は科学部の部長を務めていて、アルコール鉄砲をつくったり、硫酸銅の結晶をつくったりしてますね。

高校時代はアーチェリー部に所属し、個人の部で全国大会に出場という強者。

大学時代は自分の発想を実現化するために、アルバイト代を全部商品開発に費やし、完成したサンプルなどを企業に売り歩くセールスをしていたとのこと。

大学生の時から開発者であり、セールスマンだったのですね。恐れ入ります。

大学卒業後は、企業に就職し、商品の販売をする職についていて、その後希望する商品開発部を3年してから脱サラされています。

脱サラ後の26歳の時に、オリジナル彫刻業を立ち上げて、記念品などを制作し販売してます。

2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに、人が必要なものを開発することに目覚めて、小学生のときに思いついたアイデアがあたまによぎります。

そうだ!ニッポンを冷やそう!というコンセプトを元に2011年7月に「クールスマイル」を設立し、、翌年6月に「冷える帽子」を発売。

2014年3月には、バイクのエアコン、「クールアーマー」を発表。2015年6月には、人間エアコンを発表しています。


スポンサーリンク


結婚した嫁(妻)と子供は?


中西雄三社長は1977年生まれなので、年齢は40歳か41歳だと思います。結婚した嫁(妻)と子供はいるのでしょうか?

調べてみると、情報が全くないです。いまのところ・・・

26歳の頃から起業しているので、結婚していて子供さんもいるのではないかと推測されます。もしかしたら、ものづくりばかりしていて、まだ独身かもしれません。

個人的にはまだ知名度があまりない、中西雄三社長ですが、バケツエアコンがヒットすれば有名経営者になるかもしれませんね。

その時はもっと情報がわかるかもしれませんね。

バケツクーラーとは

 文字通りバケツの形をしたエアコンで、バケツに氷を入れてカバーをかぶせるだけでOKというもの。内部で冷やされた空気をファンによって送り出し、手軽に室内を冷やすことができます使用環境にもよりますが、最高で15度まで冷やされた冷気を排出可能。バッテリー持続時間は約3時間で、充電式なので電源が取れない場所でも使うことができます。

通常のエアコンと異なり、広い部屋での使用には向きませんが、例えば海の家の更衣室や、エンジンを止めた車の中など、限定された空間を快適な温度に保つには十分とのこと。車内にペットを置いて買い物に向かう際など、狭い空間で短時間使用するためのクーラーといえそうです。実験では、30度の部屋を24度まで下げることができたといいます。

まとめ

今回は中西雄三(クールスマイル)社長の

・中西雄三(クールスマイル)のwikiプロフ
・中西雄三さんの経歴!
・結婚した嫁(妻)と子供は?

について調べてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

人間エアコンやクールアーマー、バケツクーラーを開発してます。社長ひとりで製造、販売しているので数が限られています。特にこの暑い夏にバケツクーラーが欲しいですね。

バケツクーラーは、2019年までには販売したいとのことでしたので、この夏手に入れるのは難しいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください