スティーブンバトラーの身長とwikiプロフ!戦績やボクシング動画を調査!

スポンサーリンク


こんにちは!わたろうです。

ボクシングのWBAミドル級王座初防衛戦を行う村田諒太選手の試合が楽しみですね。

12月23日の横浜アリーナで行われるのですが、フジテレビで生中継されるようです。かなりの人がみたいのではないでしょうか?

村田諒太選手の対戦相手ですが、スティーブンバトラーという選手です。

いったいどんな選手なんでしょうか?

 

なんでもWBOでは1位、主要4団体でも世界ランク入りしています。相手をKOする確率も80%というかなりのハードパンチャーです。

 

今回はそんなスティーブンバトラー選手の身長とwikiプロフィールやボクシングの戦績や動画について調べていきたいと思います。

 

それでは今日も行ってみましょう!!!

スポンサーリンク


スティーブンバトラーの身長とwikiプロフィール

 

  • 名前:スティーブンバトラー
  • 生年月日:1995年9月2日
  • 年齢:24歳(2019年12月現在)
  • 出身地:カナダ
  • 身長:182cm
  • リーチ:203cm
  • ボクシングスタイル:オーソドックス
  • ニックネーム:バンバン(BANG BANG)
  • 家族:妻と子供が2人

スティーブンバトラー選手はぱっと見身長が高いな~と思いました。その身長は182cmで、なんと村田諒太選手と同じなんですね。

もっと気になるのが、リーチです。

203cmもあるんです。村田諒太選手が184cmのリーチですので、20cmも長いです。この長さは村田諒太選手もやりずらいのではと思いますね。

 

スティーブンバトラー選手は祖父がプロボクサーでした。マーシャルバトラー選手といって、1970年代のミドル級の選手でした。

戦績は20勝5敗15KOでKO率の高い選手でした。その祖父の影響を受けてボクシングを始めています。

プロデビューは2014年3月28日で、18歳の時。デビュー戦でみごと白星!

 

ボクシングスタイルはオーソドックススタイル。ニックネームがバンバン(BANG BANG)です。バンバンと呼ばれる理由は、弾丸のような連打のパンチを浴びせるとのこと。

この連打とハードパンチでKOの山を築いています。しかもリーチが203cmあるので、伸びるパンチで相手はやられてしますのでしょうね。


スポンサーリンク


只今10連勝中のスティーブンバトラー選手は、村田諒太選手にとって強敵のような気がします。


スポンサーリンク


スティーブンバトラー選手の戦績は?

スティーブンバトラー選手の戦績は30戦28勝(24KO)1敗1分です。

なんといってもKO率が80%!

28回勝利したうちの24回がKOですから、パンチ力が強いに違いありません。長いリーチと弾丸のようなバンバンパンチでKOを積み重ねていますね。

1度だけ敗戦がありますが、これは、2017年1月28日に行われたIBF北米スーパーウエルター級王座統一戦で対戦相手のブランドン・クック選手(カナダ)に7RTKO負けでプロデビューしてから初の負けを経験しています。

スティーブンバトラー選手は元々1つ階級が下のスーパーウエルター級でしたが、タイトル獲得後にミドル級に転向しています。

 

2018年10月8日には、Jordan Balmir選手に勝利し、WBCフランス語圏ミドル級王座になっています。

2019年5月2日には、ヴィタリ・コピレンコ選手に勝利しWBCインターナショナルミドル級王座決定戦を制しています。

スティーブンバトラー選手のボクシング動画

スティーブンバトラー選手のボクシング動画を調べてみるとたくさんありました。

その中でもKOするシーンがスピート感あってあざやかですね。ほんとにバンバンです。

個人的にはバンバン・バン☆かなと思います。

それではどうぞ!

Ko3連発 やりますね!

フェイントからのパンチ!相手は痛そう・・・

まとめ

今回は、ボクシングのWBC世界ミドル級タイトルマッチで村田諒太選手の相手であるスティーブンバトラー選手について、身長、wikiプロフィール、ボクシングの戦績、動画について調べてみました。

この選手は若くて強いというイメージがあります。

12月23日の村田諒太選手との対戦は、好勝負になると思います。楽しみですね。たぶんテレビに釘付けですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございした。

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事