小林陽子(瀬戸内寂聴弟子)のwikiプロフ!結婚した旦那(夫)や子供は?

スポンサーリンク


こんにちは、話太郎です。

瀬戸内寂聴さんのお弟子さん

小林陽子さんが

「人生が変わる1分間の深イイ話」

に出演しますね。

 

小林陽子さんはキャラが濃くて

一度みたら忘れないくらい

印象が残りますね。

 

なんやらこの小林陽子さんは

壮絶な人生を歩まれている

ようです。

 

今回はそんな小林陽子さんの

・小林陽子のwikiプロフ!
・移住コーディネーターになったきっかけは?
・瀬戸内寂聴との関係は?
・結婚した旦那(夫)や子供は?

について調べていきたいと思います。

 

それでは今日もいってみましょう!!!

小林陽子のwikiプロフィール

名前:小林陽子(こばやし ようこ)

生年月日:1950年?月?日

年齢:67歳

出身地:徳島県海部郡日和佐町(現在は美波町)

職業:移住コーディネーター

進学のために関西へ行きます。

33歳の時に、実家の新聞販売店を

継ぐために徳島県に戻っています。

 

そこで瀬戸内寂聴に出会い

寂聴塾の2期生として参加します。

 

43歳から新聞販売店をしながら

約20年間にわたり、ウィーンの森

バーデン市劇場の日本公演の総合

プロデュースをしてたとのこと。

 

全国のホールを回って場所を

押さえ、公演が決まるとキャストを決め

大道具や小道具、スタッフの配備、

劇団員のワーキングビザの手配、

PRのポスターやパンフレットの作成

、チケット販売まですべて1人で

やっていたとのこと。

凄すぎます!

 

その後はボランティアでやっていた

移住フォローを本格的にやりだします。

 

移住コーディネーターになったきっかけは?

小林陽子さんが大阪から徳島へ

戻った時に、大阪との違いに

カルチャーショックを受けたようです。

 

彼女がUターンして移住した時の

苦労をさせたくない。

田舎暮らしをしたいと来る

移住者に同じ思いをして欲しく

ないと思ったのがきっかけに

なったそうです。

 

新聞販売店をやっていたので

空き家情報には詳しかったので

移住者にはアドバイスが

しやすかったようです。

 

2016年までの時点ですが、

移住者のお世話を60組を

やってきて定着率は100%

とのこと。

 

これは小林陽子さんの関わりが

よく頼れたに違いありませんね。

 

特に地方の人口ピラミッドは

棺桶型に近づいているので

若い世代を増やしたいと

思っていますね。

 


スポンサーリンク


瀬戸内寂聴との関係は?

瀬戸内寂聴さんのお弟子と

言われていますが、出会いは

1981年に開校した寂聴塾の

2期生として参加してからです。

 

寂聴塾とは、徳島県の文化向上の

ため瀬戸内寂聴さんが始めた私塾です。

 

文章を書く塾だったのですが、

小林陽子さんはそうとも

知らずに参加しましたが、

文章を書くことで自分を見つめなおす

ことができ、自分を見つめなおす

ことができたとのこと。

 

小林陽子さんは瀬戸内寂聴の前では

子供のように素直なんだと・・・

 

 

結婚した旦那(夫)や子供は?


小林陽子さんは関西へ進学して

その後就職、ご結婚をされて

大阪に住まれていたようです。

 

旦那(夫)さんと優雅なマンションで

暮らしていたようですね。

旦那さんの職業や情報は

ありませんでした。

 

徳島県にUターンしてくるので

小林陽子さんをそっと支える

旦那さんだったようですね。

子供さんの情報も

ありませんでした。

子供さんがいれば、成人して

いるし、子供さんに恵まれ

なかったのかもしれませんね。

まとめ

今回は小林陽子さんについて

調べてみました。

 

徳島県には行ったことはないのですが、

移住するなら小林陽子さんのいる

徳島県かなとちょっと

思ってしまいました。

 

まだまだパワーが有り余る

小林陽子さん!

これからも頑張っていただきたいです。

応援しています。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください