スポンサーリンク


笹木咲(ささき さく)さんと言えば、今やにじさんじの有名なライバーの1人ですね。

活動も2018年からと古参にあたるため、知っている人も多いのではないでしょうか?


今回はそんな笹木咲さんの前世や中の人、身長や年齢についてwikiプロフィール風にまとめました。ぜひご覧になってくださいね。

笹木咲は何者!

笹木咲さんはにじさんじに所属しているVtuberです。

引用:https://www.nijisanji.jp/members/saku-sasaki
高校2年生。ゲームと水族館が大好きなのんびりした性格の関西女子。

好きな生き物はメンダコ(面蛸、英名: Japanese pancake devilfish は軟体動物門頭足綱八腕類メンダコ科に属するタコの一種)

あとパンダ(白黒の生物)も好き。(公式サイトより引用)

おっとりした関西弁が特徴的な女の子ですが、ゲームをプレイしているときは暴言を吐くことも。

その様子は視聴者から『凶獣パンダ』と称されているようです。

にじさんじゲーマーズとして活動していますが、ゲーム実況以外にも雑談や歌ってみたの投稿もしており、幅広く活動をしています。



2018年11月に、「やりたいゲームが規約によって配信できない」という理由からにじさんじを卒業。

しかし2019年1月、配信したいゲームの規約が軟化したこと、周りからの後押しもあり復帰。その後は現在に至るまで活動を続けています。

現在のチャンネル登録者数は72万人を超えており、このまま100万人到達を目指してほしいVtuberですね。(2022年4月時点)

笹木咲の前世と中の人(声優)

そんな笹木咲さんですが、前世はゲーム実況者のぱすとさんではないかと噂されていることが判明しました。

ぱすとさんは2015年頃からニコニコ動画で活動していたゲーム実況者です。

現在は動画が削除されていますが、スプラトゥーンやレトロゲームを実況していたようです。

それでは前世と噂されている理由についてご紹介します。

声が似ている

まずは二人の声を聞き比べてみましょう。

笹木咲さんの声↓


ぱすとさんの声↓

確かに声や話し方が似ています。

ファンだった人にとっては特定しやすかったのかもしれませんね。

交友関係が同じ

笹木咲さんは椎名唯華さんと頻繁にコラボしており、二人の仲の良さは有名ですよね。

いっぽうぱすとさんもゲーム実況者のここみさんと交流がありました。


ここみさんは椎名唯華さんの前世と噂されている人物でした。

そのため、転生後も二人仲良しなことから噂されているようです。

他にもゲームの実力が同じだったり、同じジャンルのゲームをするといった共通点から前世と噂されている理由でした。

ここまでくればほぼ確実なような気もしますが…。

しかし本人が公言したわけではないため、断定は出来ないですね。

笹木咲の顔バレ画像

笹木咲さんは素顔を公開していませんが、ぱすとさんは顔出ししていました。


とあるラジオ番組に出演した時のものですね。黒髪ボブの女性がぱすとさんです。

マスクで目元しか見えませんが、切れ長な目が素敵な美人さんでした。

笹木咲の年齢・本名や身長などのwikiプロフィール

笹木咲さんのプロフィール
引用:https://twitter.com/saku_sasaki
名前:笹木咲
本名:笹木咲
年齢:不明(高校2年生)
誕生日:11月11日
身長:148cm
所属事務所:にじさんじ

笹木咲の本名と性別

本名は笹木咲(ささき さく)さんでした。


スポンサーリンク


普段はおっとりしている女の子ですがゲーム時は豹変します。

笹木咲の身長

笹木咲さんの身長は148cmでした。


体重も33kgとかなり軽いため、小学生並みの体系ではないでしょうか…(笑)

笹木咲の年齢(誕生日)

笹木咲さんの誕生日は11月11日でした。

高校2年生ではあるものの、年齢は不明とのこと。

以前は17歳だったこともあったようですが、現在は一体何歳になったのでしょうか?

笹木咲の絵師(イラストレーター)は誰?

笹木咲さんの絵師(イラストレーター)はやすもさんでした。


やすもさんはVtuberのキャラクターデザイン書籍挿絵を担当している人気のあるイラストレーターです。


以前は桜ミクのフィギュアの原画を担当されたこともあったそうですよ。


自身のイラストがフィギュアになるのは喜ばしいことですよね。

他にもたくさんの素敵なイラストを描いているので、興味ある方はチェックしてみてくださいね。

まとめ

以上のことから、笹木咲さんは

・にじさんじに所属しているVtuber
・前世は
・絵師(イラストレーター)はやすもさん

ということが分かりました。

笹木咲さんの配信はYouTubeで見ることが出来るので、ぜひご覧になってくださいね。

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事