中村拓海(東福岡サッカー部)のラフプレー動画!足踏み付けで炎上!

スポンサーリンク


こんにちは、わたろうです。

高校生のサッカー部の試合でラフプレーをやって炎上していますね。

ラフプレーをやったのは、18歳以下の日本代表に選ばれている東福岡高校サッカー部の選手で背番号2の中村拓海(なかむら たくみ)選手です。

このラフプレーの動画もありそれが拡散されて炎上していますね。

ラフプレーをしたので、謝るのかなと思ったら、誤りもせずに去っていきました。相手の選手は踏まれた足の痛みで寝転がっています。

中村選手の簡単なプロフィールと危険なプレー動画を紹介していきますね。

中村拓海選手のプロフィール


東福岡高校といえば、サッカー部は全国大会常連高校で強豪高校ですね。そのチームの選手でレギュラー。しかもアンダー18の日本代表に入るという実力のある選手です。

中村拓海選手のラフプレー動画がヤバすぎる

赤い彗星とよばれる東福岡高校の赤のユニフォームの背番号2番

の中村拓海選手。足を高くあげ、思いっきり飯塚高校の選手の

左足を踏みつけた。

そして何事もなかったように後ろの去っていったのが衝撃です。

アンダー18日本代表に選ばれる選手なら、それはやっちゃいけないでしょ!と思いますね。


スポンサーリンク


まさか監督から指示されたの?

今年の春に日大アメフト部で、内田監督やコーチに指示されて関西学院大の選手を破壊したのは記憶に新しいと思います。

そんなことをすれば、長い間ニュースになってしまいますので、やってないと思います。

このラフプレーに対しては、足を痛めた飯塚高校の選手に瀉剤にいって、丸く治まって欲しいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください