クリストフ・ジーンの顔画像!大坂なおみの父の契約内容は?

スポンサーリンク


こんにちは、わたろうです。

クリストフジーン(Christophe Jean)氏が話題になっています。

なんでかっていうと、女子テニス世界ランキング1位の大坂なおみ選手を提訴していますね。いわゆるタカりですね。

このクリストフジーン氏は大坂なおみ選手と大坂まりさんの子供時代の元コーチでした。

大坂なおみ選手が13歳だった2011年に父親のレオナルド・フランソワさんがクリストフジーン氏をテニスコーチと雇いましたが、コーチ料を支払えなかった分のコーチ料に対して

「賞金の20%を永久に受け取れる契約を結んでいた」

とのこと。

大坂なおみ選手は最近では全豪オープンを勝ってからコーチを変えた件も話題になりましたが、フィールド内だけでなく外でも話題になりますね。

今回はそんなクリストフジーン氏や父親の契約内容について調べていきたいと思います。

それでは今日も行ってみましょう!

スポンサーリンク


クリストフジーン(Christophe Jean)氏の顔画像!

今話題のクリストフジーン氏の顔画像です。おっ!いかにもテニスコーチしてるんだと見えますね。

  • 名前:クリストフジーン(Christophe Jean)
  • 年齢:46歳(2019年3月現在)
  • 出身地:ハイチ南部のベイナ(Bainet)
  • 職業:テニスコーチ

父親のフランソワさんは出身がハイチのジャンメルクで、このコーチと出身が近いということがきっかけだったようです。

クリストフジーン氏の契約内容は?

クリストフジーン氏は大坂なおみ選手の13歳の時のコーチ、ジュニアのコーチでした。

その当時コーチしてた時は、午前中に3時間と午後に1~2時間、1日5時間で、週6日で指導していたようです。(本人曰く)


スポンサーリンク


300ドルの契約だったようですが、それも未払いだったとか。大坂姉妹を2年間無報酬でコーチしてきたそうです。

彼は、2012年2月に父親のフランソワさんの署名した契約のことで、一度訴訟を起こしています。

その時には、姉妹の賞金の20%をコーチ代として認めた???と言われてますね。

獲得賞金が少ないときはそれなりの金額でしたかもしれませんが、世界ランク1位となると賞金も超ビッグになりますので、もう賞金の20%となると、とんでもない金額になりますね。

これは、クリストフジーン氏と父親の問題であって大坂なおみ選手にとっては、かなりかわいそうな話ですね。


スポンサーリンク


大坂なおみ選手の賞金の20%はいくら?

大坂なおみ選手のテニス賞金の20%を永久に受け取れる契約となっていますが、永久というのはあり得ないことかなと思います。

今は提訴の段階ですが、この契約が成立したとしたらいくらもらえるのでしょうか。

もう気になってしょうがないですね。

現在の大坂なおみ選手が賞金として稼いだ金額は、約120憶円といわれてます。

そのうちの20%となると、なんと約22億円の支払いを要求しているとのこと。

この訴訟でクリストフジーン氏が勝つと、未払いは月300ドル×24か月の7200ドル(約80万円)が22億円に化けるんですね。

さらにこれから大坂なおみ選手が活躍するごとに札束がドサッッと転がり込んでくるのですね。

彼にとっては、これは笑いが止まりませんね。

大坂なおみ選手の弁護士は超凄腕

大坂なおみ選手には、アレックス・スピロ氏という超凄腕の弁護士を雇っています。

今から争うことになると思いますが、この弁護士がいる限りこんなとんでもない契約は成立しないだろうと思いますね。

アレックススピロ氏も「馬鹿げた訴え」だといってますので、すぐに解決するのではないでしょうか?

こんな問題で大坂なおみ選手のプレーに影響がでないことを祈ります。

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事