中里之宏(黒部のきみまろ)のwikiプロフ!扇沢駅での販売トークがヤバい!

スポンサーリンク


こんにちは!わたろうです。

超舌!トーク匠でしゃべりの匠と紹介された中里之宏さん。あの千原ジュニアさんもプロの技で勉強になったと言ってますね。

 

その中里之宏さんは、黒部渓谷に向かう駅の扇沢駅(おうぎさわえき)で、お土産のレーズンを販売されているとのこと。

恰好が駅員なんですが、駅員ではないんだって!

 

その扇沢駅では、中里之宏さんが自体が有名なんだと。黒部のきみまろとも呼ばれているようです。

 

今回はそんな中里之宏(黒部のきみまろ)のwikiプロフ!扇沢駅での販売トークがヤバい!について調べていきたいと思います。

 

それでは今日もいってみましょう!!!

スポンサーリンク


中里之宏さんのプロフィール

  • 名前:中里之宏(なかざと ゆきひろ)
  • 生年月日:1972年
  • 年齢:46歳(2019年6月現在)
  • 出身地:大阪府

中里之宏さんは、黒部 というワードででてきます。黒部に行く扇沢駅では有名な方なんですね。

まぁ、基本は一般の方なので情報は少ないみたいですね。

出身高校や大学はどこ?

話がうまくておもしろい。テレビ番組「超舌!トーク匠」に出演しているのし、しゃべりがうまいので、高学歴なのかなと思いまいした。

経歴を調べてみると、中学校を卒業後、料理人として数々の職を経験してから、現在の関電アメニックスに2004年に入社されています。

 

ということなので、出身高校と大学については、通っていないようです。

2004年からは、関電アメニックスに勤務していて、扇沢駅に配置されています。最初は、調理員として働いていたのですが、販売部の手伝いをすると、商品がいつもより売れているんです。

 

そのことにより、調理よりも販売に向いているということで、販売部に変わっています。

今ではネットでも 「中里之宏 黒部」と有名になっていますし、販売している動画もアップされていますね。

まるで落語やひとり漫才をやっているようですね。


スポンサーリンク


中里之宏さんの人気の秘密は?

中里之宏さんは、話しが好きみたいですね。販売の仕事が楽しくなって、販売のアイデアも自ら提案しています。

 

駅といえば、お客さんの待ち時間があると思いますが、結婚退屈されている方もいらっしゃります。この駅のトロリーバスは30分に1本間隔で出発してるので、その待ち時間で販売(いや落語?)を行うとのこと。


スポンサーリンク


 

その方に向けてワゴンに商品をのせて移動販売をしています。

しかも、売店の店員なのに、駅員の制服を着て販売しています。

しかもトーク内容が面白いです。

その面白い動画をお届けします。

これは、お客さんに喜んでもらうように、自分で考えて行動しています。素晴らしいですね。

最近では、海外からの旅行者もいるので、中国語やタイ語などの外国語を勉強して4カ国語も対応できるとのこと。

 

今では、扇沢駅では駅の名物となり、「黒部のきみまろ」とよばれています。

一般の方なのに、面白いと評判になり、わざわざこの扇沢駅に見に来る方も増えているそうです。

さらに、中里之宏さんのキャラクターグッズも作られているんだって!

まじで、超舌!トーク匠ですね。

中里之宏のいる扇沢駅はどこ?

扇沢駅ってどこでしょう?黒部というから何となくぼやっとはわかるのですが・・・

 

場所は、長野県大町市の立山黒部アルペンルートの入り口駅です。

関電アメニックスくろよん観光事業部扇沢売店の住所は、

  • 〒398-0001
  • 長野県大町市平2117
  • 電話番号:0261-22-3614

黒部渓谷・黒部ダムに行くには、この扇沢駅から発車する電気で走るトロリーバスに乗る必要があります。

車で来られる方はこの駅に駐車していきます。駐車場は、有料350台、無料350台分あるようです。

中里之宏さんの売り上げとおすすめ商品は?

この扇沢駅での一番人気なのが、地元大町市大町黒豚を使った「黒豚めし」。この弁当を1日に1000個も売ったこともあるそうです。

ちなみにこの黒豚めしは、1個1000円なので、10万円売り上げていますね。

 

中里之宏さんの一押しの商品は、「巨峰のレーズン」だそうです。

1日1000kg以上売ったこともあるとのこと。

やはりトークが面白いからみんな購入するのでしょうね。

わたろうもたぶんその場にいたら購入してしまうでしょうね。

スポンサーリンク


あなたにおすすめ
おすすめの記事